NAGOYAslim

17歳でピアノを始めてわずか6年でプロデ ビューし、ニューオリンズスタイル、トラディショナル・ゴスペル、ブルース等を自身のスタイルとして確立している新進気鋭の若手ピアニ スト。

国内外の著名なゴスペルシンガーと共演。

2009年10月にKISS、エミネムも参加しているVoodoo festival in New Orleans にサポートピアニストとして出演。

2012年新潟ジャズコンテストにて銅賞受賞。

現在、新潟でクワイア指導やピアノ講師 をしながら多種多様な分野でプレイヤーとして 活動中。


Joyful spring gospel choir(長岡)・新潟ゴスペルチャーチクワイア・新潟Gospel choir 

JO.GRACE GOSPEL CHOIR(上越)のゴスペル講師

Gospel piano 講師

片桐晴海

2006年よりBro.taisukeのもとでGospelを始める。

笑顔による世界平和を本気で訴え続けて30年。

Joyful spring gospel choir(長岡)・新潟ゴスペルチャーチクワイア・新潟Gospel choir・ヨークカルチャー(長岡)のゴスペル講師

地元長岡を中心に新潟・上越でも活動を展開。ほかにも、東京・大阪などでもコンサートに出演。Bro.taisuke choirのニューオリンズツアーに3回すべて参加。2009年10月にKiss、エミネム等も参加しているVoodoo Festival in New Orleans に出演。元ダンス講師の経験を生かして、ステージング・ダンス振付・指導も手掛ける。

http://harumi-gospel.jimdo.com/

特別講師:Bro.taisuke

 

新潟出身。

1994年からブルースシンガーとしてプロ活動開始。

1999年ニューヨーク、ハーレムでゴスペル音楽に出会う。

2003年ニューオリンズに移民。ゴスペル指揮者、シンガーとして黒人教会で活動をするかたわら、地元Musician、グラミー受賞者ともステージを共にする。

2004New Orleans Jazz Heritage Aqura stage出演。その後、帰国し、ゴスペル指揮者、ソロシンガーとして新潟、東京、名古屋、大阪で活動を展開。

2008Japan Gospel Festivalを主催他、ニューオリンズの2009年ニューオリンズVoodoo festival(15万人規模の音楽祭)Bro.taisuke Mass Choirを率いて出演。

2011年新潟市・上越市成人式出演。同10月南部の伝説的な男性カルテットLighthouse singers 51周年アニバーサリー出演。

<現在のプロフィール>
ルイジアナの黒人教会Providence #1 Baptist ChurchでMusic Minister(音楽聖職者)として、2012年から2年、教会の合唱団指導および礼拝全体の音楽総責任者として従事。2014年2月から150年以上 の歴史を持ち、1000人以上のメンバーからなる、ルイジアナの州都バトンルージュの黒人教会Promised land Baptist churchの牧師徒弟として教会に従事。地元の新聞ラジオ等にもしばしば紹介される、南部黒人ゴスペル音楽シーンでもっとも有名な日本人ゴスペルアー ティスト。CD4枚リリース他、Sounds of Blackness等のグラミーアーティスト達のアルバム・ライブにも参加。ゴスペル音楽シーンのトラディショナルにこだわった独自の音楽性には日本・アメリカで定評がある。

 

http://spiritofsouth.oops.jp/indexjapanese.htm

あなたは

無料カウンター

人目の訪問者です。